アパート投資を行うことのメリット

アパート投資がサラリーマンにも人気を集めるのは、自己資金をあまりかけずに運用できるからです。利回りの高い運用計画を立てることで、銀行の融資も受けやすくなります。土地と建物の建設費用を考えると、サラリーマンの所得では購入は難しく思えます。けれどもアパート経営は決して購入者の所得を審査対象にするわけではありません。アパートの利回りがどの程度期待できるのかを審査して融資決定を行なっているのです。さらに運用によっては収益を出し続けることで、安定収入を確保できるようになります。そのポイントについて取り上げていきます。また運用を続ける上で知っておきたい資金繰りについても、失敗するリスクを抑えるための収入と支出に関しても細かく説明をしていきます。

アパート投資で利益を出すためのポイントとは

アパート投資で大事なことは、いかに利回りを高くするかです。収入として得られるのは家賃収入の他に、毎年確定申告によって得られる税金の還付があります。これは家賃収入を得るための経費として、ローンの金利部分と建物の減価償却費を計上できることが理由です。そして当面の間は、この経費が収入を上回ることで会社の所得金額を下げることにより、新たに算出した税金と天引きされた税金との差額が還付されるわけです。対して出費は毎月のローンと建物の管理費や修繕費用となります。その収支をプラスにすることで、負担なく運用を続けられるというわけです。ローン返済は変わりませんが、家賃収入や税金の還付は次第に少なくなるので、それを見越して無理の無い返済計画を立てることが大切です。

高い利回りを維持する方法について

アパート投資は築年数の経過によって、次第に建物が劣化し賃借人がつきにくくなります。そのために家賃を下げますが、次第に空き部屋が目立つようになります。そこでまず大切なのは、購入する際の立地選びです。賃貸需要が多く見込める場所選びと、競合となる賃貸物件が周りに少ないことがポイントです。また建物はきちんと管理して、ゴミなどが散乱しないようにする必要があります。さらに室内の内装も時代の変化に伴って設備を入れ替えることが大事です。借りる人がいかに快適に住めるかを考えて内装を行うことで、周辺の物件よりも賃借人がつきやすくなります。一般的には経費を抑えるために、建材を安くして建設するものです。けれども防音性を高めるなどの居住性を高める工夫によって、収益率を高めることにつながります。