アパート投資をする際に気を付けたいこと

アパート投資において気を付けなければいけないのは、リフォームと犯罪です。この二つに気を付けていれば、不労収入で豊かな生活を送れます。しかし、この二つがしっかりしていないと、その楽園の基礎が出来上がりません。まずは気を付けることです。注意をしっかりとしていれば、その分、収入として返ってきます。しかし、その二つの注意を怠っていればその分、損することになります。損をするという事はわざわざ大金をかけて投資したのに、それがゼロ以下になるということです。マイナスになることです。これは、決して許されることではありません。そんな不条理には立ち向かえばいいのですが、立ち向かえる手段がないのが現状です。そのため、しっかりと気を付けてアパート投資をする必要があるのです。

理不尽なリフォーム前には情報を

一軒家だとリフォームと言うものは、その建物の所有者が行うものです。しかし、アパートの場合ですと、建物の所有権は自分にあるものの、土地の所有権は不動産会社にあります。そのため、リフォームをする権利は不動産会社にあるのです。そのため、古びたアパートだと買った直ぐにリフォームをされ、そのリフォーム代を分担で負担しなければいけない状況に追い込まれるのです。そうした事態にならないようにするためには、まずは情報を集める事です。情報を集めて、この物件が完全に安心であると確信した時にアパートを買うべきです。そうしなければ、損をするだけです。安くて良いと思い込んで買った物件が最悪の不良物件なんて考えたくもありません。そうした事態にならないためにも、予備知識は必要です。

犯罪に巻き込まれないように注意

アパート投資において気を付けなければいけないもう一つの事案が犯罪です。これは例えばアパートをすると言って実際には登記が別の人物である物件を売りつける典型的な騙しから、アパートを無断で使用されて占領される占有屋という犯罪まで様々です。アパートというものは、それだけ高い買い物ですので、次第と犯罪者が集まってきます。そこで騙されないようにする事が大切です。登記が別の人物であるということは、登記所に行ってしっかりと確かめてみれば済むことですし、占有屋がいるというのは買う前に物件を前もって見て見ればわかることです。つまりは、事前に対策を練っておけば済むことなのです。アパート投資は甘くありません。犯罪に巻き込まれないためにも、しっかりと防衛策を練っておく事です。