知りたいアパート投資の実際について

老後の年金生活や生活不安もあったり、金融機関に預金してもマイナス金利でタンス預金と同じであるとして不動産投資を始めるケースも多いとされます。そのためのセミナーも開かれていた時期もありましたが現在少子高齢化も進行し、人口減少も起こって来ています。不動産投資としてはワンルームマンションのような区分所有の1戸買いとか、アパートやマンションの1棟買いという方法がよく知られています。この中でワンルームマンションなどは若者の層が減少し来ていて立地に恵まれたところを探すのもなかなか難しくなって来ています。その点アパートの1棟購入する場合はワンルーム物件等に比較して1室が空室になると即家賃収入が入って来なくなるわけではなく、ミドルリスク・ミドルリターンとされています。

アパート1棟買いの特徴については

ワンルーム物件に比較してアパート投資の場合初期投資の額は多くかかります。建設費は土地をうまく利用してなるべく多くの部屋に区分けすることでマンションの1棟買いに比較しても少ない投資の額で済むことになります。毎月の家賃収入は借入金があればそちらへ回すことが出来ます。土地をそのままにしておくよりもアパートを建てた方が固定資産税や都市計画税、相続税が安くなるなど節税対策としても有効とされています。地価の下落する可能性の少ない人気のある土地の場合には建物を取り壊した後も資産として残りますからこれを売却すれば売却利益も得られます。ただ年月と共に建物内外や設備機器も劣化して来ますので空室を作らないためには適切な時期に資金投入してリフォームを行うことも必要とされています。又、建物も年月が経つと周辺の家賃に比較して高すぎる場合にはそれに合わせて値下げを行うこともあります。

アパート投資に関するリスクについて

アパート投資については、物件選びは大切です。そして利回りについてはリフォーム費用や家賃の値下げなどを含む実質利回りで取り組むことが大切です。新築物件よりも中古物件を購入するほうが利回りは高いとされています。ただ工場の近くであるとか大学のキャンパスがあるとかの理由で入居率が高かったものが、これらが移転するとなるとその時点から入居者を募集する場合も難しくなる可能性が出て来ます。都市計画においても将来大きな道路が開通して名前の知られた店舗が建つとか、鉄道の駅も将来的に急行などの通過駅になってしまうといった事情によっても条件が変わって来る可能性もあります。ワンルーム物件に比較すると立地条件はそこまで厳しく要求はされませんが、周辺地域の利便性であるとか交通の便によっては駐車場付きとかの立地条件も重要な要素にはなって来ます。

若いOLの方が住みやすいように設計されているので、入居率が99%を超える安心安定の不動産投資です。 実際に経営されているオーナー様方からいただいた生の声をHPにて掲載しております。 アパート経営の不動産投資をご検討の方は、入居者の募集から物件管理や清掃まで対応している弊社にお任せ下さい。 インターネットにてアパートの状況や収支明細を簡単に確認することが出来ます。 アパート投資でインフレ対策